*

会員数が多いセフレ募集掲示板!
会員数 ★★★★★ 運営歴 ★★★☆☆
評判 ★★★★★ 料金 無料

業界でもトップクラスの会員数を誇るセフレ募集掲示板。割り切りや、セフレが欲しい方だけが利用しているので、気軽にアプローチをする事が出来ます。

若者が多いセフレ募集掲示板!
会員数 ★★★★☆ 運営歴 ★★★★☆
評判 ★★★☆☆ 料金 無料

若いセフレを作りたい方へお勧めのセフレ募集掲示板。エッチな若い女性がわんさか利用しているので、タイプの相手が見つかる事間違いなしです。

セキュリティ対策バッチリ!
会員数 ★★☆☆☆ 運営歴 ★★★☆☆
評判 ★★★★★ 料金 無料

24時間万全のセキュリティ機能が搭載されているセフレ募集掲示板。いつでもどこでも安心して出会いを体験する事が出来ます。

検索機能が魅力的なセフレ募集掲示板!
会員数 ★★☆☆☆ 運営歴 ★★★☆☆
評判 ★★★★☆ 料金 無料

パートナー検索が非常に充実しているセフレ募集掲示板。地域別・タイプ別で相手を探す事が可能なので、理想に合った相手を見つけられます。

コンテンツが充実している掲示板!
会員数 ★★★☆☆ 運営歴 ★★★☆☆
評判 ★★★☆☆ 料金 無料

サイトコンテンツが非常に充実しているセフレ募集掲示板。様々な角度からパートナーを見つける事が出来るのでお勧めです。

たっぷり利用したいなら『定額制』

ポイント制タイプと異なり、『定額制』タイプは月額料金を納めることで利用出来ます。

定額制タイプの場合、サイト上の機能は概ね“使い放題”です。

しかしセフレサイトによっては別途料金が発生するサービスもあるので、注意書きを見逃さないようにして下さい。

定額制タイプのメリットは、長時間サイトを利用してこそのものです。

一ヶ月の内、数日しか利用しない―という場合には、使った分だけ料金が請求されるポイント制タイプがお得でしょう。

逆に、毎日欠かさずに利用する!という場合には、使用したサービス量に左右されない定額制がお得となります。

デメリットは、ある程度まとまった支払いが必須だという点でしょうか。

料金はセフレサイトごとに異なるため、機能性と照らし合わせ利用を検討して下さい。

またデメリット以外の注意点として、悪質業者による『同時登録』をあげることが出来ます。

手口は単純で、登録を希望するサイトAに情報を送信すると、サイトBにも同様の情報が送信される=登録されるというものです。

同時登録先(この場合はサイトB)は有料タイプであることが多く、利用していないのに請求が届く・・・ということも有り得ます。

もちろん、業者は違法な登録手段を取っているので、こちらに支払義務はありません。

毅然とした態度で対応しましょう。

使い過ぎが怖いなら『ポイント制』

セフレサイトの恐ろしい点は、気づかないうちに夢中になってしまうことです。

無料サイトなら未だしも、有料サイトでこうなってしまうと利用料が膨れ上がります。

この点を心配するのであれば、料金を前払いで支払う『ポイント制』タイプのセフレサイトが良いでしょう。

ポイント制は、事前にポイントを購入し、それを消費することでサービスを利用できるシステムです。

ポイントを使い切ると、有料機能は利用出来なくなる=ストッパーが掛かります。

継続して利用したい場合には、追加の課金を行います。

そうでない場合は、そのまま利用を停止して問題ありません。

有料機能を利用しない限り料金は発生しないためご安心下さい。

もちろん、ポイント制タイプのセフレサイトにも注意点はあります。

それは、自動課金システムの有無です。

悪質な業者は、利用者がポイントを消費し切ると“勝手”にポイントを追加します。

言ってしまえば、ポイントの押し売りです。

しかし利用者の中には、そのことに気づかず購入した以上の―業者が勝手に追加した―ポイントまで使用してしまい、請求の段階になって始めて知る・・・という人もいます。

また、無料期間が設けられている場合も注意して下さい。

大抵は、登録から数日と期限が設定されています。

『無料』の二文字は客寄せ?

セフレサイトやセフレサイトを巡っていると、同じ無料サイトでも『無料』と『完全無料』の2種類が存在することがわかります。

ここでいう無料とは、一部制限付のタイプを指します。

例えば、登録後×日間は無料というサイトや、上位機能の利用は有料というサイトです。

なかには“登録のみ”無料というサイトもあります。

機能の利用や、退会手続きは有料・・・というわけです。

何れにせよ、ややこしく面倒なシステムであることは確かなので、登録は控えたほうが良いでしょう。

サイトによっては、意外にもこうした記述がはっきり利用規約に含まれています。

こうなると退路を塞がれる形になりますが、記述に問題がある(わかりにくい箇所にある・あまりにも小文字過ぎる)場合には、契約法に違反する可能性もあります。

こうしたトラブルに巻き込まれた場合は、然るべき機関に相談しましょう。

もしかすると、払わずに済むケースかもしれません。

では、完全無料サイトはどうなのか。

残念ながら、こちらも前述と類似する罠・トラブルが有り、油断は出来ません。

それでも利用するのであれば、利用規約を隅々までチェックしましょう。

別の記事でも触れていますが、『提携サイト』や『同時登録』にもご注意ください。

利用したいサイトは無料でも、同時登録されるサイトが有料では意味がありません。

メールアドレスは流出するものと覚悟する

あるサイトに登録を行った途端、スパムメールが届くようになった・・・そんな経験はありませんか。

何かしらのサービスに登録を行った後に届くようになったのなら、メールアドレスが流出したものと考えて間違いありません。

セフレサイトも例に漏れず、登録後にスパムメールが届くことも珍しくありません。

さて、スパムメールには必ず『URLアドレス』が付属しています。

これが厄介なもので、大抵は受信者専用にURLアドレスが作成されており、アクセスすると業者が履歴を回収します。

例えば、エッチな動画関連のURLアドレスをクリックした場合。

履歴を回収した業者は、このメールアドレスの持ち主を『アダルトコンテンツに興味あり』とします。

この情報は名簿と共に広まります。

かくしてこの人のもとには、アダルト―クリックされるだろう可能性が最も高い―コンテンツに関するスパムメールが連日届くようになるわけです。

残念な話ですが、セフレサイト等の登録に用いたメールアドレスは『流出する可能性が極めて高い』と認識しておきましょう。

尚、世の中には律儀なセフレサイト運営もおりまして・・・利用規約内に・送信された情報は、提携サイトと共有する・ただし提携サイトから届いたメールに関して、弊社は一切関知しないと記載している場合もあります。

いずれにせよ、スパムメールを嫌うのであれば登録は控えることです。

単純な手口だからこそサクラに注意

無料タイプのセフレサイトや出会い系でも、女性と知り合うことは可能です。

しかし、それは“本物”の女性とサクラの見分けがつく場合に限りの話。

見分けることが出来なければ、女性と会えないどころか有料タイプのサイトに誘導されかねません。

サクラによる手口は単純で、メール交流の中で「いつもは別のサイトを使ってるんだ。

あなたも移らない?」「こっちのサイトのほうが使い易いよ。

一緒に移動しよう♪」と振ってきます。

ご丁寧に、登録先のURLアドレス付。

もちろん、誘導先は漏れなく有料タイプのサイトです。

誘導に応じたところで、その女性と会えることはありません。

それどころか、メール交流すらそれっきりで終わります。

彼女らの役割はカモを誘導することであり、それ以上こちらに関わる必要がない為です。

また無料タイプのサイトは誰でも気軽に登録できるため、サクラ以上に厄介な存在も潜んでいます。

それは、援助交際や詐欺を目的とする女性です。

手口は様々で、ごく一般的に営業を掛けてくる女性もいれば、泣き落としを掛け同情を誘う女性もいます。

いずれにせよ、返信すべきではありません。

架空請求やワンクリック詐欺同様に、厄介な女性に対しても『無視』が最大の防御となります。

提携サイトの正体

セフレサイトをはじめ出、会い系には様々な罠が仕掛けられています。

まずは、出会いを逸る気持ちを抑え、罠に対する防衛策を身につけましょう。

利用者として登録を行う際は、必ず『利用規約』をチェックして下さい。

登録が完了してからのチェックでは、意味がありません。

何故なら登録が完了した時点で、あなたは利用規約に同意したとみなされる為です。

料金に関する記述に次いで、重要なのは『提携サイト』に関する記述です。

提携サイトに関する記述があった場合は、登録を控えたほうが賢明でしょう。

セフレサイトほか、出会い系における提携サイトは厄介この上ない存在で、同時登録を意味します。

サイトAに登録を行うと、サイトBにも登録情報が送信されます。

情報の提携です。

前者は無料サイトでも、後者がそうであるとは限りません。

有料サイトであった場合は、利用の有無に関わらず請求メールが届きます。

寝耳に水とは、まさにこの事。

文句をいったところで、業者は「規約に記載してある。

問題ない」と言い通します。

登録情報の中に住所・電話番号が含まれる場合は、大きなトラブルに発展しがちです。

あまりにもしつこい場合には、然るべき機関に相談しましょう。

恥を捨てれば、被害を最小限に抑えることが出来ます。

名乗らない業者は悪徳と思うべし

消費者と取引を行う場合、業者は自らの情報を開示する義務を負います。

セフレサイトをはじめとする出会い系、すなわちインターネット上の話だと『特定商取引法』が適用されます。

法律に基づき、業者は会社名・資本金・代表者名・住所(所在地)・電話番号といった情報を、消費者の目につく場所に記載せねばなりません。

また、提供するサービスはどのようなもので、契約後はどのように個人情報を保護するか、どういった場合に料金が発生するのか。

こうしたことも消費者に説明する義務があります。

これらを怠るセフレサイトやセフレサイトは、それだけで悪徳業者だと判断が出来ます。

知られてはまずい情報を開示するなど、彼らにとっては自殺行為ですからね。

いつでも逃げられるよう、情報の開示は最低限―若しくは嘘だらけ―しか行いません。

もしも業者の所在地が近場であるなら、思い切って様子を見に行くのも有りです。

行ってみたら、まったく別の事務所だった!―なんてことも、実はそれほど珍しくありません。

怪しげなセフレサイトやセフレサイトに登録を行えば、トラブルに巻き込まれます。

登録しない・関わらないことが重要だと、肝に銘じて下さい。

架空請求には徹底抗戦が有効

セフレサイトを利用するのであれば、架空請求に関するトラブルは覚悟しておきましょう。

架空請求は、ある日突然届きます。

それも『最終通告』として。

最終も何も、今まで一度も通告は無かったぞ!と突っ込みたくなるのは私だけでしょうか。

この最終通告なるメール(時として葉書)の中には、勤務先に回収へ行く・ブラックリストに登録する等の脅し文句が並んでいます。

ご丁寧な事に、連絡先として電話番号が記載されていますが、間違っても掛けてはいけません。

電話の向こうにいるのは、百戦錬磨のプロです。

「身に覚えがない!潔白だ!」と説明するつもりが、根ほり葉ほり個人情報を聞きだされた・・・なんてことも、珍しくはありません。

こうなってしまうと厄介で、“本当の”脅しが始まります。

まずは、該当サイトだろうサービスに登録した時のことを思い出して下さい。

その際、どのような個人情報を送信しましたか。

大抵は、メールアドレス・氏名・携帯番号の3つ程度のはずです。

つまるところ、相手側はこちらの個人情報をそれほど握ってはいないわけです。

大抵の架空請求は、焦る必要はもちろん相手にする必要もありません。

そもそも、こちらは請求されたサービスを利用していないわけですからね。

徹底抗戦は『無視』が一番効きます。

退会が出来ない!?そんなセフレサイトもある

インターネット通販がお馴染みとなった昨今、クーリングオフ制度を利用することが増えた人も多いのではないでしょうか。

この制度はセフレサイトにも適用され、一定期間内であれば契約を解除できるようになっています。

また運営は、その旨を利用者に説明(明記)する義務を負っています。

登録を検討している―若しくは既に登録している―セフレサイトに、契約解除=退会に関する記載がない場合、その業者は悪徳である可能性があります。

なぜなら悪徳業者にとって、退会は金蔓を放流するに等しい行為。

そのため、あえて退会に関する記載を省いているのです。

サブアドレスを用い、重要な個人情報を一切提供することなく登録を行ったのであれば、そのまま放置しても特に問題はありません。

しかしメインアドレスや重要な個人情報を渡してしまっている場合は、徹底して退会手続きを求めるべきです。

また退会に関する記載はあっても、以下の記述がある場合は注意しましょう。

・退会手続きには一定の日数が必要・手続き完了までの期間にログインを行った場合、利用者は退会手続きを撤回したものとする金蔓を逃がしたくない気持ちは理解出来なくもありませんが、ここまでくると滑稽です。

こうしたセフレサイトと業者には、関わらないことが一番の自衛となります。

ワンクリック詐欺も無視が基本

アダルトコンテンツでは尚お馴染みの『ワンクリック詐欺』。

クリックしたら最後、画面上に表示される請求書・・・少年時代、ワンクリック詐欺で顔面蒼白した思い出を持つ同志は多いことでしょう。

ワンクリック詐欺に嵌められるパターンは多々存在します。

例えば、会員登録に偽装した例。

会員登録はこちら〜をクリックすると、情報を入力・送信していないにも関わらず「登録が完了しました!」。

その際に悪徳業者は、思わせぶりにIPアドレス・プロバイダ情報を表示します。

そのため「個人情報を握られている(=逃げ切れない)」と勘違いし、支払ってしまう人も少なくありません。

しかしIPアドレスやプロバイダー情報は、知ろうと思えば誰にでも収集出来る情報です。

個人でホームページを開設した経験がある人なら、アクセス解析プログラムで簡単に取得できることをご存じでしょう。

IPアドレスやプロバイダー情報から、個人を特定することは出来ません。

プロバイダーに情報開示を求めれば知ることも可能ですが、その権限は然るべき機関・人にしか与えられません。

架空請求と同様、ワンクリック詐欺も基本的に無視して構いません。

下手に連絡を取ると、カモとしてリスト登録されてしまいますよ。


公開日:

PAGE TOP ↑